グリーンカードの取得プロセス

アメリカに来て5年、ついにグリーンカードを取得した。忘れないうちにここまでの流れを簡単にまとめておく。H1-Bの雇用ベース申請の話で、修士を持っていたのでEB-2のカテゴリになる。全体の流れについては以下のページが参考になった。 http://www.happyschools.com/employment-based-green-card-steps/ なおこれは2016年5月現在の話であくまでも自分の体験談なので、詳細は各移民弁護士の方にご確認ください。 1) 2014年春頃 会社にグリーンカード申請の手続きを依頼、PERM申請のための書類を集め始める。この辺りの作業はほぼ会社で契約していただいた移民弁護士の方に依頼。 2)2014年8月 PERMの第一ステップとして、 Prevailing Wage Request を申請。これが Department of Laborで2ヶ月ほどPendingになる。 3)2014年12月 ようやく第一ステップの許可が降り、第二ステップとして、Recruitingのための掲示をオフィス内に掲示。2週間は剥がさないようにという指示があった。二週間の掲示の後掲示したものを弁護士に送付。 4)2015年9月 承認されたPERMが移民弁護士のもとに届く。Priority DateがCurrentだということで、I-140とAOS (Green Card/I-485)申請の準備を開始。以下の書類が必要だと言われ準備をすすめる。 I-485 についての質問について回答 予防接種 写真 追加のドキュメント(戸籍謄本、パスポート、I-94) 健康診断は、過去の日本の情報を説明すれば一部は免除されるかもという話があったので日本の母子手帳などの情報を集めたのだが、当日説明しても証明ができていないと言われ結局全部受けることになる。たまたまその年度分の健康診断をまだしていなかったので一部はそれでカバーされたものの、結局妻と2人で$250ほどかかった。医師からの診断書は開封してはいけないと念を押されることになる。 戸籍謄本については翻訳した人のサインが必要で、誰か第三者でないといけない。自分の場合にはたまたま弁護士側で対応していただいた方が日本人だったのでその方にお願いした。また、日本式の婚姻届を出したのがサンフランシスコだったのだが移民弁護士の方からその内容について懸念の指摘を受ける。アメリカで結婚の届け出をしたのであればアメリカ式での婚姻をしておいたほうがいいと言われ、アメリカでも婚姻届を出しMarriage Certificateを提出。 パスポートは古いものもあれば良いと言われ、妻の期限切れのものも合わせて5冊分を提出。全ページのスキャンが必要だった。 すべての書類がそろって提出できる状況になるまでに2ヶ月ほどかかった。予防接種が予約を取り、実際に打ち、書類をもらうというところまでやるのが時間がかかることになる。 5) 2015/11/18 I-485とAOSの申請書類が移民弁護士からUSCISに提出される。 6) 2015/12/1 USCISからReceive Noticeが届く。以降AOSのスタータスについては以下のURLからReceipt Numberを用いて確認できることになった。 https://egov.uscis.gov/casestatus/landing.do. 7) 2016/1/7 指紋採取が2016/1/19に決まったとの連絡あり。当日は朝8時から開始ということで7時半頃から待機したものの、Dallasのオフィスは全く混んでいなかった。7時50分に一番乗りで並び、8時半には指紋採取完了。これで情報としては全てを提出したことになる。 8) 2016/2/19 AOS – EAD/AP card が届く。これで法的には労働可能になる。ただ移民弁護士の方からは、特に利用したい特別な理由がなければ使わなくて構わないという指示あり。振り返ると結局何に使うこともなかった。 9) 2016/4/18 移民弁護士の方からGreen Card が届いたという連絡があり、その数日後に実物が手元に届く。”Welcome […]